2018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/06

先日、「市民の立場で南海トラフ巨大地震をどう迎え撃つか」との講演会があり、拝聴しました。
先生は、京都大学名誉教授、関西大学社会安全研究センター長・教授、阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター長などの要職に就かれています。
〇熊本地震の教訓をしっかり踏まえること。特に、情報が最も重要である。狭いところ(車を含む)に被災者が集中した
〇首都直下型地震、南海トラフ巨大地震など、国難災害に自衛隊・警察・消防、避難所、食糧、などは対応できるのか
〇木造住宅など建築物への対応
〇自然災害に対する認識。災害多発時代を生きるため、知識、情報、教訓が命を助けてくれる。
〇事前対応、日常防災について。災害・避難訓練に充実。災害文化、防災文化にする。
〇巨大地震が起これば近畿はどうなるか
などなど、警鐘を鳴らしていただいたご講演でした。
DSC_1181.jpg